性能向上に注目

万引き防止のために監視カメラの導入をしているという店舗はたくさんありますが、中には古いカメラをそのまま使っている方もいます。カメラの技術は年々進歩しており、従来のものとは比べ物にならないくらいに性能が上がっているものもあります。最新の監視カメラを導入すれば、今まで出来なかった監視も可能になることもあるので、古い監視カメラを使っている方は、この機会に最新機種を導入してみましょう。

最近の監視カメラは、昔のものよりもはるかに安くなっています。様々な技術革新を経て、導入コストが大幅に削減されたので、昔は死角を埋められるぎりぎりの数しか設置できなかったものが、店の至る所に設置できるようになりました。もちろん画質も大きく向上しており、かつては白黒だった映像もカラーで録画され、細かい表情などの情報も正確に把握できるため、犯人の特定も容易に行えます。

監視カメラの性能向上により、今までは撮影が難しかった場所にも設置できるようになりました。例えば赤外線カメラなど、暗いところで使える監視カメラも安く導入できるようになり、暗い屋外の情報もきちんと録画できます。録画するタイミングが設定できる機種やクラウドサーバーで大量の録画情報を保存・共有できるなど、メーカーによって違った特徴があるので、気になる商品があればぜひ購入してみてください。

長時間の録画も

万引き対策にはどの店舗も悩まされていますが、従業員だけでは店内全てを把握することは難しく、いくら対策しても食い止められないケースがほとんどです。この状況を改善する手段として、広く用いられているのが監視カメラで、最近は監視カメラの性能が向上したことで、より多くの情報をチェックできるようになりました。特に録画時間の延長は、将来起こるかもしれない万引きを防ぐ上でも役立ってくれます。

監視カメラが世に出回ったころは、ビデオテープを使用して録画を行っていましたが、録画時間はそれほど長くはなく、画質も決して良いものではありませんでした。現在の監視カメラは、デジタル化によってはるかに長い時間の録画か可能となり、鮮明な画像を元に、万引き犯を正確に把握できます。現行犯で捕まえやすくなったのはもちろん、録画の情報から再犯の可能性がある人物を特定し、再度来店したときに警戒できるようにもなります。

監視カメラがデジタル化した恩恵は、録画したデータの保存にも関係しています。昔のようにビデオテープを山のように積む必要はなくなり、デジタルデータとしてHDDなどに保管すれば、少ないスペースで大量の録画データを管理できます。さらに最近ではクラウドサービスと連携して、ネット上にデータを保存できるようにもなったので、リアルタイムで店内の様子を確認したり、店内でデータの管理をせずに済むようにもなりました。

防犯に監視カメラを

多くの店舗が被害に遭っている万引きは、非常に大きな損失を生むことで知られています。場合によっては経営が困難になることもあるとされており、対策のためには十分な防犯設備が必要です。特に防犯対策としてオススメなのが監視カメラの導入で、リアルタイムで店内の様子を撮影することで、万引きをはじめとする様々な犯罪を即座に発見し、被害を未然に防ぐことが出来ます。現在販売されている監視カメラにはどのようなものがあるのでしょうか。

監視カメラは店内の様子を撮影することで犯罪を防止しますが、録画機能の性能が大きく向上しており、犯人の表情や衣類の柄など、細かい情報も正確に把握できます。さらにネットワークを利用した情報共有も行えるようになっており、服すの店舗を経営している企業の場合、インターネットを利用して録画した映像を共通のクラウドサーバーに保管し、PCなどで外から店内の様子をチェックして、問題があれば現地の従業員にそのことを伝えるといった連携も可能となっています。

以前は画質も荒く、設置するコストの関係で多くは設置できなかった監視カメラも、今では大量に設置してもそれほど多くのコストも発生しなくなりました。それどころか性能も大きく向上し、防犯効果は飛躍的に向上しているので、設置している監視カメラが古くなっているのであれば、この機会に最新式のカメラに更新してください。現状の万引き被害が止められていないという店舗でも、高い防犯効果を発揮してくれるでしょう。